開催事務所の確認

オーディションで結構注意して欲しいのが開催している事務所の確認です。これは場合によっては本当に良くない状態になりますので注意です。それを確認してから応募するようにしてください。

事務所の確認をする意味としての1つとして事務所のことを知っておくことです。有名なところでも、そこまで有名ではないところでもその事務所を知ることで面接の時にアピールに使うことが出来る場合がありますので、それを上手く利用していくようにしてください。特に、どのような人が居て、どのように有名になっているか、多少マイナーのことも知っておくことをおすすめします。あとは、アピールに出来ることを探していくようにしてください。

確認する意味としての1つとして事務所に問題がないか確認するようにしてください。それこそ詐欺やアダルトな事務所であることがあります。かなり危険なところである可能性もありますので、そのようなところにオーディションをすることは強くおすすめしません。ですから、そのようなところに行かないためにも確認するようにしてください。それと、本当にオーディションをしているのかを確認するようにしてください。有名な事務所の名前を偽っている場合もありますので注意です。

書類関係に注意

オーディションを受ける場合は必ず書類が必要になりますので、必要な書類を作るようにしてください。書類によってはそれの審査で落とされることもあります。下手なものを作ると本当にオーディションの入口すら通れないので注意しましょう。

オーディションにおける書類は応募用紙となります。オーディションによっては他にも必要な書類がある場合もありますので、その場合はしっかりと用意するようにしてください。応募書類はオーディションをしているところから出していることがありますので、それを獲得することを忘れないようにしてください。書類には写真が必要になりますので注意です。オーディションの内容にもよりますが、基本的にプリクラや自撮りなどの写真は良くないです。審査に響くことがありますので注意しましょう。ただし、オーディションによってはむしろそちらが良いという場合も少なからずあることがあります。ともかく写真のルールを確認するようにしてください。

書類には書かないといけないことが多くあります。まず、自分自身のことを書くところがあります。年齢、学校などを書くところもあれば、スリーサイズなども書く必要があるものもあります。それらは必ず正しく書くようにしてください。他の書くところも自分のことをしっかりとわかってもらうようにしましょう。それと、書く時は綺麗な字で書くようにしてください。

自己紹介部分について

オーディションには必ずと言っても良い程面接の部分があります。ですから、この部分が非常に重要です。そして、自己紹介の部分は特に重要な部分ですのでその点をよく考えて出来るようにしてください。

自己紹介と言うのは自分のPRを相手に教えることです。大体の人はオーディションをする人は初対面です。例外も無いことはないでしょうが、それでも基本的には自分のことを知らない人となりますので、自己紹介で自分のことをわかってもらわないといけません。その際に自分の良いことを説明していきアピールする必要があるでしょう。ただし、ここで注意して欲しいのがウソを言わないことです。それは後々わかることですし、そのウソで後々大変なことになる場合もありますので避けるようにしましょう。それと、ウソをつくとなんだかんだでオーディションを受ける人にウソを見ぬかれることがありますので、その点を考えてもウソはいけません。

自己紹介のポイントとしては、オーディションに合格することで自分がどのようにやっていけるかという点です。それを紹介することは重要なところであり、アピールすることが出来るところです。ただし、後で実際にどのように出来るかなどのことを披露する必要が出てくるので注意です。

オーディションのポイント

オーディションを受けるという事では、やはり誰もが希望するのは合格する事です。しかしそのためにはどういった点を注意すれば良いのか、ポイントは何なのかという事を知っておく事が重要です。当サイトでは、オーディションにおけるポイントを紹介しています。

まず必ず行われるのが自己紹介です。これは面接の段階で初めて担当の方と顔をあわせる場面です。企業へ就職する時に関しても、やはり第一印象というのは大きく審査に影響する部分とも言えます。その分野によってどのような人物像が好まれるのかという事は必ずリサーチしておくのが良いです。業界に知り合いがいる場合には、実際に面接を受けた時の事を詳しく聞いてみるのが良いでしょう。

また、オーディションには一次審査として書類審査が行われるのが一般的です。必要事項を記載するほか、多くの場合には顔写真などを用意する事となります。アイドルグループなどの場合、この写真の写り方で一次審査が通過するかどうかというのも異なります。書類審査を通過しなければ話が始まりませんので、ある意味最も力を入れるべきポイントともいえるでしょう。

最後に、事務所のリサーチはしっかりと行いましょう。どこにあるのかという場所の確認もそうですが、どのような内容なのか、分野はどうなのか、どのような人が好まれるのかというような具体的な情報を調べておく事は欠かせません。当サイトではこれらのようなオーディションに関する情報を紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。