自己紹介部分について

オーディションには必ずと言っても良い程面接の部分があります。ですから、この部分が非常に重要です。そして、自己紹介の部分は特に重要な部分ですのでその点をよく考えて出来るようにしてください。

自己紹介と言うのは自分のPRを相手に教えることです。大体の人はオーディションをする人は初対面です。例外も無いことはないでしょうが、それでも基本的には自分のことを知らない人となりますので、自己紹介で自分のことをわかってもらわないといけません。その際に自分の良いことを説明していきアピールする必要があるでしょう。ただし、ここで注意して欲しいのがウソを言わないことです。それは後々わかることですし、そのウソで後々大変なことになる場合もありますので避けるようにしましょう。それと、ウソをつくとなんだかんだでオーディションを受ける人にウソを見ぬかれることがありますので、その点を考えてもウソはいけません。

自己紹介のポイントとしては、オーディションに合格することで自分がどのようにやっていけるかという点です。それを紹介することは重要なところであり、アピールすることが出来るところです。ただし、後で実際にどのように出来るかなどのことを披露する必要が出てくるので注意です。